消費者金融完全ガイド!

消費者金融を徹底解説!初めての方でも安心して利用できるように、消費者金融の比較・注意点・口コミ情報をまとめています。

初めてのキャッシング

消費者金融の借入返済方式

投稿日:2017/3/8 更新日:

消費者金融でお金を借りるとなると、借りることばかりに目が行きがちですが、どのように返すかも非常に重要です。

返し方を大きく分けると2つあり、一括返済と分割返済です。

一括返済

できることなら分割返済ではなく、一括返済にしたいところです。

一括返済とは?

分割してコツコツ返すのではなく、借りてから数日~1か月以内にドーンと借入金額を返してしまう方法です。

通常、消費者金融で借りる方は分割返済になるとは思いますが、一時的に至急お金が必要になり、すぐにお金を返すあてがある人であれば、可能です。

当然、初月で支払うため、合計の利息額も最小限に減らせます。

一部の消費者金融では、初回利用無利息キャンペーンなどを利用することにより、まったく利息を払わずに借りる事も出来ます。

また、途中まで分割で支払い、お金の目途が立ったところでまとめて返済も一括返済に当たります。

こちらも、返済期間が短くなりますので、その分、合計の利息額は減ります。

一括返済は分割決済と手順が異なります。

どのように行うかは、消費者金融の窓口やコールセンターに返済日を知らせるなどして、返済額の確認を実施し、決まった方法で振り込みをする事になりますが、いくつか注意点があります。

注意点

・一括返済できない場合がある

すべての消費者金融で一括返済ができるわけではありません。ご使用の消費者金融が対応しているか確認しましょう。

・返済日が指定される場合がある

概ね、自由に返済日を指定できますが、一部の消費者者金融では返済日が指定されるケースがあるようです。

・2006年以前に借りたお金には過払い金が発生している可能性がある

2006年以前から借入している場合は、その後の法律の変更(上限金利の変更)に伴う、過払いをしている可能性があるため、返済金の確認をする。

・分割決済で使える返済方法が使えない場合がある

消費者金融のATMからの返済ができないなど、分割決済で使える方法が使えない場合があります。

・硬貨のおつりがでない

余分に支払ってしまった場合はその場で戻ってきません。別途、振り込み、郵送、または次の借入時に相殺などの方法で戻ってくるところもあります。

・契約は残る

お金を返済しても、借入枠が残るため、お金は借りられます。もし、今後必要ない場合は契約を解除する必要があります。

まとめ

この様な注意点があるので、事前に契約書を読み返し、消費者金融に

・一括返済の可否
・返済日
・返済額
・返済(振り込み)方法
・おつりの返却

を確認しましょう。

また、今後借入しない場合は、

・契約解除の手続きを実施

するようにして下さい。

分割返済

分割返済ではリボルビング払いで毎月定額を返済します。

毎月の返済額は自分で決められますが、最小返済額は決まっているので、一定以上の金額を支払う必要があります。

その最小返済額を決めるための返済方式がいくつかあり、消費者金融によって異なります。

現状、消費者金融で使用されている返済方式は主に3つあります。

◆元利定率リボルビング方式

◆元利定額リボルビング方式

◆残高スライド元利定額リボルビング方式

利率が同じであっても、返済方式が変わると、借入期間が変わって、利息合計額が変わってきます。

どのように違うか、それぞれ見ていきましょう。

元利定率リボルビングとは

定率リボルビングとは、借入残高に対して、一定の決められた割合を掛けた額を返済する事です。

「毎月の最低返済額」=「最後に借入した時の借入残高」×「一定割合」

この一定割合とは、利用限度額に対して、割合が定められるものです。

最後に借り入れした時の借入残高のため、追加で借入しない限り最低返済額が増える事はありません。

例えば、以下の場合

利用限度額:30万円~100万円未満
割合:3.0%
初回借入:80万円

80万円の3%ですから、24000円が最低返済額になります。

その後、追加の借入がなかった場合、毎月24000円ずつ支払います。

もし、合計50万返済して残高30万になった時に追加で20万を借入した場合どうなるか?

その時の合計は50万の借入となりますので、50万円の3%、15000円が最低返済額になります。

 元利定額リボルビング方式とは

利用限度額に対して、最小返済額が決まっている方式の事です。

例えば、以下の通り。

利用限度額:30万円
最小返済額:10000円

こちらは借入残高、追加の借入があっても最小返済額が変わりません。

残高スライド元利定額リボルビング方式とは

借入後残高スライドリボルビング方式や残高スライドリボルビング方式などとも言われますが、いずれも仕組みは同じです。

この方式は、最終借入時の残高に応じて、最低返済額が決められる事です。

例えば、以下の通り。

最終借入残高:10万円~20万円
最小返済額:4000円

重要なポイントは、定率リボルビングと同様、最終借入時の残高に応じて決まる事です。

追加借入しない限り、最小返済額は変わりません。

注意点

・返済忘れ

口座振り替えであれば問題ありませんが、込みの場合、忘れることがあります。

消費者金融の通知機能などを利用するなどして、忘れないようにしましょう。

遅延金を取られてしまいます。

・利息額が増える懸念

分割返済は1か月の支払いを安くできる反面、利用期間が長くなるので、利息額が大きくなります。

借金をしている感覚が薄くなるため、どれだけの金額をどれだけの期間で返していくか、自分の環境に合わせてしっかりと計画を立てて返済をする必要があります。

なるべく、繰り上げ返済を行っていき、利息を減らすように努めましょう。

 

 

 

-初めてのキャッシング


コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

*

関連記事

申し込み、契約方法、メリットデメリット

金融消費者への申し込み方法は、 ・インターネット(パソコン、スマートフォン) ・無人契約機(カード発行機、ローン申込機) ・電話 ・店頭窓口 ・郵送 ・FAX とあります。 ここでは、それぞれ申し込み …

消費者金融の金利、計算方法

消費者金融でお金を借りると必ず支払う必要があるのが利息です。 お金を借りると、借りた期間のレンタル料を借入した額に応じて支払う義務があります。 金利の表記は多くが年率(%)で表示されています。 なるべ …

消費者金融の選び方

あるサイトで実施した、何故消費者金融を選ぶことにしたのか調査するアンケートの結果では ・審査スピード(早く借入ができる) ・無担保の借入ができる ・小額での借入できる ・短期間での借入できる ・保証人 …

消費者金融はどんな人が使っている?

消費者金融と聞いて悪いイメージを持たれる方も多いと思いますが、どの程度の人が利用されているかご存知ですか? 消費者金融の利用者数 こちらのJICCのホームページに最新の利用者の記載によると(平成28年 …

借入、返済の方法

消費者金融を選び、申し込みを行い、審査も通り契約できた! いよいよ借入する時に、どのような形で借入、その後返済するかによって利便性や手数料も変わってきます。 ここでは、借入、返済の方法について見ていき …