消費者金融完全ガイド!

消費者金融を徹底解説!初めての方でも安心して利用できるように、消費者金融の比較・注意点・口コミ情報をまとめています。

消費者金融特徴

プロミスのフリーキャッシング

投稿日:

CMでもお馴染みのプロミス。

今回は、プロミスの商品内容を具体的に見ていきましょう。

商品としては、

・フリーキャッシング
・レディースキャッシング
・おまとめローン
・自営者カードローン
・目的ローン

とあります。

ここでは、フリーキャッシングとレディースキャッシングについてご紹介します。

プロミスの魅力

30日間無利息サービス

初めて利用する場合は30日間無利息のサービスがあります。

他の消費者金融でも無利息期間30日のサービスがありますが、契約後30日間が無利息となり、契約後に出金するか否かにかかわらず、無利息期間が消化されてしまいます。

一方でプロミスは、利息期間が借入日翌日から30日間となってますので、契約後であっても、出金をするまでは無利息期間が減りません。

この点はプロミスの大きなメリットでしょう。

さらに、

◆初回借入後30日間であれば、追加で利用しても無利息

30日間分が無利息!!(初回ご利用日は日数に含みません)【初回5万円ご利用】残高5万円【追加ご利用+3万円】残高8万円【追加ご利用+2万円】残高10万円 残高10万円に対して、ご返済日までの日数分通常利息がかかります。【初回ご返済日】

◆初回借入後30日間であれば、全額返済後に新たに借入しても、無利息

30日間分が無利息!!(初回ご利用日は日数に含みません)【初回5万円ご利用】残高5万円【全額ご完済】残高0円【再度のご利用+10万円】残高10万円 残高10万円に対して、ご返済日までの日数分通常利息がかかります。【初回ご返済日】

但し、利用するための条件があります

・プロミスを初めて利用する事
・メールアドレスを登録し、Web明細を利用する事

会員サービスを利用すると、Webで明細を発行できるようになります。

<注意点>

無利息期間であっても返済日が来たら、最低返済額は支払わなければいけません。

利息がかからないだけで、返済が免除されるわけではないので、滞納しないように注意しましょう。

ポイントサービス

プロミスでは、利用に応じてポイントが溜められるシステムになっています。

ポイント獲得には、収入証明書の提出が必要です。

使う事ができるサービスは、ATM手数料無料、無利息期間を設ける、です。

・ATM手数料無料(申込日から、翌月末日まで)

申込月 お申込日 翌月 提携ATM手数料無料期間 翌月末日

申し込み日から、翌月の末日までATM手数料が無料にできます。

・無利息期間(7~30日間)

申込月 お申込日 無利息適用開始取引 ・お利息以上のご返済時 ・ご完済時は再度のご出金時 お取引の翌日 無利息期間(7~30日間) 期間終了

以下の条件の取引をした翌日から無利息期間がスタートします。

・借入残高がある場合⇒「利息以上の返済を実施時」の翌日からスタート

・借入残高がない場合⇒「再度出金時」の翌日からスタート

初めての利用以外でも、最大30日間の無利息期間を使える事も、プロミスの大きなメリットでしょう。

即日キャッシング、土日キャッシング可能

即日でキャッシングが可能で、土日のキャッシングも可能です。

即日キャッシングするためには、キャッシングの仕方、利用する金融機関によって、審査、契約を済ませる時間帯を把握しておく必要があります。

◆銀行振り込みの場合

申し込み方法は、インターネット、スマホ、携帯、電話から可能。

振り込み先によって、振り込みの対応日時が変わります。

・三井住友銀行・ジャパンネット銀行

土日、祝日も可能。

14時頃までに契約完了させれば、「瞬フリ」サービスで24時間振り込み可能。

・その他の銀行

平日のみ。

14時頃までに契約完了をさせれば即日振り込み可能。

◆カードでの借入

無人契約機、プロミスのATM、提携ATMにて、カードで借入可能です。

・無人契約機、プロミスATMの場合

土日、祝日も可能。

20時までに審査を完了すれば即日借入が可能。

提携ATMは金融機関ごとに異なりますので確認が必要です。

三井住友VIVAプリペイド

借入を三井住友VIVAプリペイドにチャージする事が出来ます。

このカードはクレジットカード同様に、VISAの使える店で利用ができます。

初回利用の場合は2000円分がチャージ済のカードを貰えます。

年会費も無料なので、リーズナブルなサービスと言えるでしょう。

<注意点>

・事前に会員登録が必要(無料)

・チャージ不可の時間帯(毎日23:50~0:00、毎週日曜日20:50~翌月曜日7:00)

Web取引

Web取引を謳っている会社でも、申し込みはWeb対応が出来ても、契約は店舗に行かなければいけない、などあります。

プロミスでは申し込みから借入、返済まで一貫してのWeb取引で完結が可能です。この点も魅力でしょう。

Webでの返済では、瞬フリキャッシングというサービスがあります。

これによって、

・手数料が無料

・最短10秒での振り込み

とお得です。

提携ATM台数は業界NO.1

プロミスは全国に11万台以上の提携ATMを設置されています。

そのため、家の近所にある可能性が非常に高く、利便性がいいですね。

レディースキャッシングがある

女性向けのキャッシングサービスがあります。
フリーキャッシングと比べ、金利が安くなるなど、商品内容、条件が変わるわけではありません。

違いは、レディースキャッシングはオペレーターが女性であると言う事です。
また、返済時の相談なども女性が丁寧に応対してくれます。

そのため、安心して女性が利用できますね。

便利な会員サービス

その他にも

◆口フリ(口座振替)

◆ご返済日お知らせメール

など、返済漏れを防ぐために利用したい機能もあります。

申し込み必要書類

プロミスを利用するに当たって必要な書類は、「本人確認書類」、「収入証明書」となります。

◆本人確認書類

以下のいずれか

・免許証
・パスポート
・健康保険証+住民票

住所が異なる場合は、別途現在の住所がわかる書類が必要。

外国籍の場合は「在留カード」または「特別永住者証明書」が別途必要。

◆収入証明書

以下の場合に収入証明書が必要です。

・借入希望額が50万円を超える場合

・「借入希望額」+「他社借入残高」の合計が100万円を超える場合

収入証明書として使用できる書類は、

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

プロミスの詳細情報

申込み資格、貸付条件 年齢:20~69歳
使用用途一般:生計費 自営業の場合(生計費、事業費)
借り入れ限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%(実質年率)
審査スピード 最短30分
遅延利率 20.0%(実質年率)
入金スピード 即日可能
担保・保証人 不要
返済日 三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座振替の場合:5日、15日、25日、末日
その他:5日
返済期間・回数 最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
借入診断 あり
総量規制 あり
土日融資 可能可能
金利方式 単一金利
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
キャッシング方法 口座振込、ATM、店頭窓口
返済方法 口座振込、口座引き落とし、ATM、店頭窓口

-消費者金融特徴


コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

*

関連記事

アイフルのキャッシングローン

多くの消費者金融が銀行系の傘下に入る中、アイフルは独立系消費者金融でありながら大手として名を連ねています。 商品は ・キャッシングローン ・SuLaLi ・かりかえMAX ・おまとめMAX ・事業サポ …

アコムのカードローン

プロミスに続き、アコムの商品について詳しく見ていきたいと思います。 プロミス同様、アコムもCMでお馴染みですね。 アコムは現在、三菱UFJフィナンシャル・グループに属しており、財務基盤がしっかりしてい …